初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ダニ・ペドロッサ ポルトガルGPを終え、タイトル獲得の可能性を評価

ダニ・ペドロッサ ポルトガルGPを終え、タイトル獲得の可能性を評価

ダニ・ペドロッサ ポルトガルGPを終え、タイトル獲得の可能性を評価

週末のポルトガルGP終了後、ダニ・ペドロッサはチャンピオンシップにおいて、ポイント差を縮小する好機を失い、初タイトル獲得の可能性が遠のいたことを自覚していた。ウェットコンディションで開催されたレースでは、計27のクラッシュが発生。ペドロッサも濡れた路面で、スリップダウンを起こした。幸い、レースに復帰でき、10位で6ポイントを獲得した。前戦までランキング首位だったマヌエル・ポジアーリが転倒リタイヤしことともあり、彼とは5ポイント差に接近したが、アルヌー・ヴァンサンが優勝したことで、首位とは28ポイント差に広がった。

「何を言うことができる?当然、転倒さえしなければ、もっと前でゴールできただろう。しかし...転ぶようなスピードではなかった。なぜ、転んだか理解に苦しむ。コーナーの出口で、マシンが流れた。この転倒で、ブレーキレバーが曲がり、スロットが開っきぱなしで、閉まらなくなってしまった。その後は、レースを終えること、そして少しでもポイントを獲得することだけを目指した。日曜、(不運は)僕の番だった。他の日は他のライダーの番だろう。気落ちしていない。次のレースに向け、全力を尽くすように頑張りたい。」とペドロッサは語った。

スペイン人ライダーはチャンピオンシップのファイナルに向け、最も簡単な戦術で挑もうとしている。「タイトル獲得が難しい?どうだろう。様子を見よう。僕はブラジルで最高のレースをしなければならない。日本で、マレーシアで...そしてバレンシアで最高のレースをしなければない。グランプリごとに可能な限りの最高ポイントを獲得しなければならない。僕が思うに、ポジアーリは僕同様にポイント獲得に挑み、トップとの差を縮めようとするだろう。一方で、ヴァンサンはアドバンテージを守り、ミスを犯さないように心掛けるだろう。」

Tags:
125cc, 2002, Grande Premio Marlboro de Portugal, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›