初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

成長を見せたガボール・タルマクシ 

成長を見せたガボール・タルマクシ 

成長を見せたガボール・タルマクシ 

ガボール・タルマクシは、失望の序盤を過ごしたイタルジェット・レーシング・サービスから、PEVモト・ADACへ移籍し、息を吹き返しつつある。新チームでの初戦となった第7戦オランダGPでは15位に入り、今季初ポイントを獲得すれば、前戦チャコGPでは11位でチェッカーを受けた。そして、先週末のポルトガルGPでは、GPに参戦してから初めてトップを走った。しかし、4番手を走行中の8周目にスリップダウンで、リタイヤした。

「安定して10位以内に入ることを目指している。数レース前から調子はいい。」とハンガリー人ライダーは語る。「シーズン序盤はマシンのセッティングが気に入らなかった。ハードワークの連続だったけど、今はとてもフィーリングがいい。 重要なのは、チームとの対話が結果として表れること。僕の説明から問題を明らかにすることができている。また、ダンロップからブリジストンに履き替えて、僕自身の感覚がとても良くなった。」

エストリルでは転倒したが、タルマクシはシーズンファイナルに向け、彼自身の成長を確信している。現状、来季についてはあまり心配していない。「1台のマシンしか使用できないけど、とても満足している。来年のことは、まだ何も決まっていない。予算の集まり方次第だろうけど、125ccクラスか、250ccクラスで走ることになるだろう。」

Tags:
125cc, 2002, Gabor Talmacsi

Other updates you may be interested in ›