Tickets purchase
VideoPass purchase

ロリス・カピロッシ ドゥカティ移籍!

ロリス・カピロッシ ドゥカティ移籍!

ロリス・カピロッシ ドゥカティ移籍!

ロリス・カピロッシが契約満期となる今シーズン末で、所属するウエスト・ホンダ・ポンスを退団することを発表した。29歳のイタリア人ライダーは、来シーズンからMotoGPクラスへの参戦を表明しているドゥカティへ移籍する。今年末からニューマシンへのテストに参加する見込みで、チームメイトにはオーストラリア人トロイ・ベイリスが既に決定している。

カピロッシは今回の決定を次のように語った。「ウエスト・ホンダ・ポンスでとても素晴らしい数年間を過ごすことができた。今、チームを移籍する時期だと思う。このチームを退団することになり、とても寂しい。これまでのレース人生で、最高のチームだ。しかし、ドゥカティが僕に提供した新挑戦に興奮している。超名門メーカーの第一ライダーとして、僕を迎えてくれることは、大きな光栄である。イタリア人ライダーであれば、誰もがそう感じるだろう。新プロジェクトの開発に参加できることに、大いに気に入っている。 サポートしてくれだチームの全メンバーに対して、心から感謝したい。」

ドゥカティ・コルセの最高責任者であるクラウディオ・ドメニカーリ氏は、たばこメーカーであるマールボロ社と4年契約を結んだことを発表した。「トロイとロリスと契約するのに努めました。なぜなら、両ライダーは飛び抜けたタレントの持ち主であり、そして、私たちのプロジェクトに賛同してくれました。彼らの勝利への願望と新チャレンジへの取り組む意欲が、私たちが契約を決定した根本的な原因でした。彼らの経験が生きる最高のレベルを持ったチームとして、そして、早期のデスモセディチ開発へ高いモチベーションを持って、MotoGPへのデビューを実現します。」

ロリス・カピロッシは2000年からウエスト・ホンダ・ポンスに所属し、43戦に参戦。5度のポールポジションと24度のフロントローを獲得したほか、14度の表彰台を獲得。2000年イタリアGPでは最高峰クラスで2度目の優勝を果たした。

Tags:
MotoGP, 2002, Loris Capirossi

Other updates you may be interested in ›