Tickets purchase
VideoPass purchase

メランドリ タイトルへの道を開く

メランドリ タイトルへの道を開く

メランドリ タイトルへの道を開く

フォンシ・ニエトが雨のエストリルを制したが、マルコ・メランドリが2位に入り、初タイトルに向け、快調に前進している。総合ランキングにおいて、両者の差は32ポイント。残り5戦で逆転を狙うフォンシは、ライバルにプレシャーを掛け、タイトル獲得に望みを繋ぎたい。一方で、メランドリは、今回のリオGPで過去の統計データーを破りたい。3年前の125ccクラス時代には、2位を獲得。250ccクラスにスイッチした2000年は3位に、そして昨年は2位を獲得している。

総合ランキング3位のロベルト・ロルフォは、前戦ポルトガルGPでジャンプスタートにより、レース途中に10秒間のペナルティーを受けたが、4位に入った。また、ここ数レース、目覚ましい活躍を見せるセバスチャン・ポルトは、3戦連続表彰台でトニー・エリアスを抜き、ランキング4位に浮上した。

昨年、加藤とメランドリと並び表彰台を獲得したロベルト・ロカテッリは、安定した走りで常に5番手前後を獲得。今グランプリでは今季2度目、自己4度目の表彰台を目指す。トニー・エリアスは、ポルトガルGPでは、3度の転倒に見舞われるが、サバイバルレースを完走し、ポイントを獲得した。昨年は4位を獲得したサーキットで、今季4度目の表彰台を狙う。また、両腕の負傷も完治し、完全復帰をアピールしたエミリオ・アルサモーラは、125ccクラス時代に2度表彰台を登っている。

Tags:
250cc, 2002, Marco Melandri

Other updates you may be interested in ›