初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

接戦のセッション1日目/ビアッジが暫定PP獲得

接戦のセッション1日目/ビアッジが暫定PP獲得

接戦のセッション1日目/ビアッジが暫定PP獲得

マックス・ビアッジが暫定ポールポジションを獲得したが、同等なセッション1日目だった。上位5人のタイム差は僅か0.18以内。さらに13位までは0.8秒差以内と接近している。

ビアッジは開始5分でトップに立つが、その後はバレンティーノ・ロッシと入れ替わるようにポジションを争う。そして、31分にセッション1日目のトップタイムを記録し、暫定ポールを決めた。セッション後半はロッシとカルロス・チェカがコンスタントに2番手のポジションをチェンジが展開されたが、最終的にロッシがトップから0.012秒遅れの2番手に、チェカが3番手につけた。そして、地元グランプリに挑むアレックス・バロスが暫定フロントローを獲得した。

5番手には得意のコースでコンスタントにタイムを更新してきたノリックが入れば、オリビエ・ジャック、青木宣篤、中野真矢が続き、暫定セカンドローに並んだ。宇川徹と加藤大治郎は、それぞれ11番手と13番手につけ、原田哲也が16番手で、予選1日目を終えた。

Tags:
MotoGP, 2002

Other updates you may be interested in ›