Tickets purchase
VideoPass purchase

シト・ポンス カピロッシ移籍を語る

シト・ポンス カピロッシ移籍を語る

シト・ポンス カピロッシ移籍を語る

シト・ポンスは3年前に、250ccクラス王者ロリス・カピロッシと契約してから、有意義なシーズンを過ごしてきた。イタリア人ライダーは41戦に参戦し、1度の優勝を含め14度の表彰台を獲得。チームを輝かせる活躍をした。2001年はアレックス・バロスとのコンビで最優秀チームのタイトルを獲得した。しかし、カピロッシはドゥカティのプロジェクトに参加する決断を下した。ポンスは今、イタリア人抜きで新シリーズの準備を整えなければならない。チームオーナーは、motograndprix.comに現在を語った。

「全てを話す前に、ロリス・カピロッシは偉大なライダーであり、素晴らしい人物であることを言いたい。」と同様に元250ccクラス王者は話し始めた。「ここ3年間は、男同士の仕事をしてきた。やり遂げたこと以上に満足感がある。素直に言って、今回のことは彼の気持ちが動かした決断だと思う。イタリアのメーカーのために与えられたチャンスは、ロリス・カピロッシにとって非常に大きな感動を受けたことだろう。理解できる。しかし、感動は現状を超えた理由だった。なぜなら、チーム監督の立場から見た場合、私たちのチームに残留する方が、優勝の可能性は高いだろう。」

将来について、ポンスはカピロッシクラスのライダー探し始めている。「現在までロリスと交渉してきた。彼にとって魅力的なオファーがあったことは知っていた。後任のオプションはあるが、まだ誰ともサインを交わしていない。アレックス・バロスともまだ、契約していない。現段階では来シーズンについてはオープンだ。」

Tags:
MotoGP, 2002, Loris Capirossi

Other updates you may be interested in ›