初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

東 雅雄 今季初優勝!

東 雅雄 今季初優勝!

東 雅雄 今季初優勝!

東雅雄が、昨年の第3戦スペインGP以来、10度目の優勝を果たした。18番手スタートから、一時はトップを争うアルヌー・ヴァンサンとマヌエル・ポジアーリから最大15秒以上のタイム差があったが、路面が乾き始めると同時に、最速ラップを連発し、1人飛び抜けたハイペースで追い上げた。そして、ラスト3ラップには、一気に2人を抜き去り、トップに踊り出た。完全に、ウェットレースでの1人主役を飾った。

タイトルを争う2人は、5ラップ目からゴールラインまで激しいバトルを展開した。最終的にはヴァンサンが2位となり、3位のポジアーリとは総合ランキングで27ポイント差と引き離した。

タイトル争いに絡んでいたダニ・ペドロッサは、3ラップ目に転倒リタイヤした。トップグループで走っていたルーチョ・チェッキネロは4ラップ目に、トーマス・ルティは5ラップ目にスリップダウンしたが、それぞれレースに復帰した。

レース前半まで3番手を走っていたガボール・タルマクシは、自己最高の4位を獲得すれば、パブロ・ニエトが5位に入った。ミルコ・ペルジーニと第3戦スペインGPで15歳と1日でデビューしたロルヘ・ロレンソはそれぞれ自己最高の6位と7位でゴールした。また、昨日のフリー走行中に転倒した上田昇は、25位に終われば、宇井陽一は13ラップ目にクラッシュし、レースを後にした。

Tags:
125cc, 2002

Other updates you may be interested in ›