初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アルヌー・ヴァンサン 初タイトルに向け

アルヌー・ヴァンサン 初タイトルに向け

アルヌー・ヴァンサン 初タイトルに向け

第12戦リオGPで、アルヌー・ヴァンサンがタイトル争いを演じているマヌエル・ポジアーリとのポイント差を広げた。前戦ポルトガルGPで今季4勝目を獲得したヴァンサンは、今グランプリでもライバルより先にチェッカーフラッグを受けた。

ヴァンサンは、フロントローから好スタートを切り、トップに飛び出した。5ラップ目にポジアーリに追いつかれると、ファイナルまで2人は激しいバトルを展開した。「ポジアーリを抑え、逃げようとしたけど、周回遅れのライダーに出くわしてしまった。しかし、当然、あのレースではポイント獲得が狙いだった。」とヴァンサンは語った。「2人のバトルに突然、東が現れ、驚かされたよ。レース後にタイムを見比べたが、大きな驚きはなかった。僕たちはマックスで走っていなかったし、彼はタイヤにアドバンテェージがあった。最終的には、ポジアーリの前でゴールでき、ポイント差を広げることができた。これが最重要なんだ。」

フランス人ライダーは、ラストラップでポジアーリを抜き、4ポイント差を追加した。残り4戦、100ポイントの戦いが展開される。「27ポイント差がある。大きな差だが、残り4戦では全てが可能だ。4戦連続転倒もあれば、4連勝も。大きなことが起こるかもしれない。唯一確かなのは、ポジアーリよりいい条件にあることで、このアドバンテェージをキープしなければならない。」

アジア-オセアニア周航がタイトルの行方を決めることになろう。もてぎ、セパン、そしてフィリップアイランドの3連戦はインターバルなしの3週連続開催となる。「フィジカル的には好調だ。チャンピオンシップファイナルに向け、全力で臨む準備ができている。 安定した走りを保つことが必要だろう。タイトル獲得に向け、可能な限りを尽くす。」

Tags:
125cc, 2002

Other updates you may be interested in ›