初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エミリオ・アルサモーラ 4連続表彰台を目指す

エミリオ・アルサモーラ 4連続表彰台を目指す

エミリオ・アルサモーラ 4連続表彰台を目指す

エミリオ・アルサモーラが今週末に開催するもてぎで唯一、表彰台獲得の経験があるライダーである。ここ3回のグランプリでは、未勝利だが、3連続表彰台を獲得している。

125ccクラスを制したアルサモーラは、1999年に初めて開催されたもてぎでのグランプリで、東雅雄、仲城英幸に続き3位に入った。翌年は、同クラスでこの年のチャンピオンに輝いたロベルト・ロカテッリに続き、2位を獲得。そして、昨年は250ccクラスにスイッチし、原田哲也の次にチェッカを受けた。

今年は腕を負傷したこともあり、これまでにスペインGPの1度しか表彰台を獲得していない。現在までに82ポイントを獲得し、総合ランキグでは9位に位置している。

もてぎ4度目表彰台を狙うスペイン人ライダーは、「このコースは気に入っている。僕にとってはゲンがいい。ヨーロッパを出て、世界航海の最初の舞台としては、かなり自信が持って臨めるだろう。ここ2戦は雨で、思っていたようには行かなかった。夏に手術をしてから、調子はいいけど、ウェットでのレースではちょっとしかバトルできなかった。ポルトガルもブラジルもあまり気に入らない。ポイント獲得には限界があったからだ。雨のときには、危険を冒さないように最大の注意を払わなければならないし、2レースともフィーリングが全く合わなかった。」

アルサモーラはシーズンファイナルへの目標を語った。「バレンシアにはいい状態で持っていきたい。そして、期待もしていなかったこの1年間の成績でも常に僕の側に居てくれたファンに大きな喜びを与えたい。だから、もてぎでは上位に進出して、セパン、そしてフィリップアイランドに繋げたい。それに、ファンはレースを見るために早起きしなければならないから、失望させてくない走りをしたい。」

Tags:
250cc, 2002

Other updates you may be interested in ›