初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

チャンピオンを支える男たち

チャンピオンを支える男たち

チャンピオンを支える男たち

前戦リオGPで4ストローク元年のチャンピオンに輝いたバレンティーノ・ロッシ。スポットは王者に注がれたが、決しては忘れてはならないのが男たちが存在する。ロッシを常に支えたチーフエンジニア、ジェリー・バージェスは、その筆頭的な人物であろう。そして、ロッシと一緒に写真に写っている彼らもキーパーソンたちであった。写真左からカルロ・カンビアグイ、ウッソ・バディオーリ、ジボ・バディオーリである。

カルロ・カンビアグイは、昨年までエド・レーシングに所属し、世界を転戦してして行くなかで交友関係を深めていった。そして、今年からチームに加わり、広報担当者として、ロッシとマスコミとの調整役を務めている。

ウッソ・バディオーリは、ロッシの生涯の親友であり、最も信頼する人物の1人である。ロッシのモーターホームを運転(ロッシ自身が運転しない時)し、ヨーロッパを転戦。また、パドックを完璧に取り仕切っている。

ジボ・バディオーリは、個人マネージャーを務める。ロッシ家、とりわけチャンピオンの父親であり、元ライダーのグラシアーノ・ロッシ時代からの交友関係が続いている。ウッソとともにファンクラブ"トゥリブ"のメンバーであり、いろいろな発想で勝利後のパフォーマンスを楽しませてくれる。また、ロッシと一緒にロンドンに在住している。

Tags:
MotoGP, 2002, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›