初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アプリリア支配のセッションで、メランドリ暫定PP獲得

アプリリア支配のセッションで、メランドリ暫定PP獲得

アプリリア支配のセッションで、メランドリ暫定PP獲得

マルコ・メランドリが初日のセッションで最速タイムを記録し、暫定ポールポジションを獲得した。また、アプリリア勢が速さを見せ、フロンローを独占した。

トニー・エリアスが開始から8分後にトップに立ち、セッションが進んでいく。デ・ピュニエが徐々に接近し、ラスト23分にはタイムスコアーの一番上に飛び出す。6分後にエリアスが逆転に成功するが、ラスト15分にミランドリが抜け出し、セッションを制した。

ランキング1位のイタリア人は、自らのタイムを更新し、最後までライバルたちにポジションを譲ることはなかった。5番手にはワイルドカードの高橋裕紀が入れば、前戦リオGPで初優勝を果たしたセバスチャン・ポルトは12番手だった。横江竜司と嘉陽哲久が、9番手と11番手に入ったほか、ここ2戦で快走を見せていた松戸直樹が13番手に、青木治親が16番手だった。また、中須賀克行が14番手、青山博一が18番手、残り20分のところでクラッシュした大崎誠之は20番手だった。

Tags:
250cc, 2002

Other updates you may be interested in ›