Tickets purchase
VideoPass purchase

ランディ・マモラ パシフィックGPを語る

ランディ・マモラ パシフィックGPを語る

ランディ・マモラ パシフィックGPを語る

アレックス・バロスが、王者バレンティーノ・ロッシに勝つ大仕事をやってのけたように、それは大変刺激的なレースだった。その刺激的な要因には、バロスが4ストロークマシンを乗ったこと。そして、チームメイトのロリス・カピロッシが表彰台を獲得する活躍をしたことで、ウエスト・ホンダ・ポンスは空想的な仕事をやり遂げた。 加藤大治郎がエンジントラブリに見舞われたことは非常に残念だった。同様にビアッジもフロントタイヤにトラブルが発生してしまった。ロッシが表彰台の中央に姿を表さなかったのは、今季3度目。彼らの巻き返しも含め、残り3戦は興味深いレースになるだろう。

Tags:
MotoGP, 2002

Other updates you may be interested in ›