初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アンドリュー・ピット カワサキのMotoGPマシンの第一印象を語る

アンドリュー・ピット カワサキのMotoGPマシンの第一印象を語る

アンドリュー・ピット カワサキのMotoGPマシンの第一印象を語る

01年スーパーバイク世界選手権チャンピオンのアンドリュー・ピットが、午前中のフリー走行で初めてMotoGPの舞台に登場し、カワサキのニューマシンNinja ZX-RRを駆けた。オーストラリア人は、前戦パシフィックGPで負傷した柳川明の代役として、今グランプリからカワサキの新プロジェクトに参加する。

「まだペースが足りない。タイムも良いものではないが、まだ始ったばかりだ。」と26歳のライダーはフリー走行後に語った。「確かにマシンは僕が使っていたマシンより、かなりポテンシャルが高い。先頭を走るには問題がある。多くのライダーはコースを把握しているが、僕にはこのことが当て間ならない。だから、ラインを探すことに努めたんだ。セッション終了には、だいぶ良くなってきたが、コーナーの入りと立ち上がりを速くする必要がある。」

セッション後のテクニカルミーティングの前に、ピットはカワサキのMotoGPプロジェクトに加わること期待していることを語った。「もちろん僕の今の目標は、2003年にカワサキのマシンを乗ることだ。今週末は彼らのために祝杯を上げたい。」

Tags:
MotoGP, 2002, Gauloises Malaysian Motorcycle Grand Prix, Kawasaki Racing Team

Other updates you may be interested in ›