初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フォンシ タイトルを諦め、2003年に向け考え始める

フォンシ タイトルを諦め、2003年に向け考え始める

フォンシ タイトルを諦め、2003年に向け考え始める

フォンシ・ニエトは、250ccクラスにおける13年ぶりのスペイン人王者へ向け戦い、ファンは期待に鼓舞していた。スペインGPとフランスGPでの2連勝を含め、5戦連続表彰台を獲得するなど、輝かしい序盤戦を過ごした。その後は、マルコ・メランドリとの一騎打ちが続いたが、6連勝で一気に逆転され、ポイント差を離された。前戦パシフィックGPが終了し、2人のポイント差は52に広がった。残り3戦での逆転は、ほとんど不可能に近く、ファンシ自身も現状を受け入れている。

「タイトル獲得は事実上不可能だ。このことはもう考えたくない。」とフォンシはきっぱりと言った。「最近はマシントラブルを抱えていた。だから、問題解決に集中していたし、残り3戦は勝利を狙いたい。そして、僕にとっていいシーズンをポジティブで終えたい。オフィシャルマシン1年目でのランキング2位。悪くない順位だ。タイトルを逃しただけに、全面的には喜べないけど、満足している。」

ニエトは先週、スポットライトを浴びたチームメイトの影となってしまったが、既に来季はタイトル争いのライバルとなることを認めている。「まだ契約を交わしていないけど、同じスポンサーで、同じチームで、アプリリアのオフィシャルマシンを乗ることが取り決められている。もし、トニーも同様に契約すれば、チームにとってはビックなシーズンとなろう。僕たちの間だけの限られたタイトル争いになるかもしれない。」とフォンシは確信していた。

Tags:
250cc, 2002, Gauloises Malaysian Motorcycle Grand Prix

Other updates you may be interested in ›