初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ジャンピエーロ・サッキ タイトル争いを語る

ジャンピエーロ・サッキ タイトル争いを語る

ジャンピエーロ・サッキ タイトル争いを語る

昨シーズンのマレーシアGPでは、アグレッシブな走りで、タイトル争いに絡んでいたトニー・エリアスが、6位に入りながらも、ポイント差が開き、初チャンピオンへの可能性を失った。タイトルの行方は、安定した成績を収め続けたマヌエル・ポジアーリとパシフィックGPから連続優勝げ爆発的な追い上げを見せていた宇井陽一の2人に絞られ、最終戦リオGPにもつれ込んだ。今シーズンは3戦を残し、ポジアーリが8ポイント差でアルヌー・ヴァンサンにプレッシャーを掛けている。ジレラ&デルビの責任者であるジャンピエーロ・サッキは、この状況を、「始めに、タイトル争いは、まだ多くの戦いが残されていることを言いたいです。私から見れば、タイトル候補者は2人ではなく、(ペドロッサを含めた)3人です。私のチームに関しては、当初の目標を達成していると言うことができます。なぜなら、タイトル争いを演じているからです。ここからは、多くの要因が影響するでしょうが、私たちにはタイトルを獲得する力があります。」と述べた。

また、昨シーズンと状況が異なるのは、マシンのポテンシャル向上と言えるだろう。サッキはこのことについて、「昨シーズンは1台のマシンが他のマシンを上回る性能を持っていましたが、これは私たちのチームの仕事がもたらせたものです。今シーズンはホンダがリアクションを起こし、私たちの偉大な仕事を果たしているにも関わらず、技術的には他を引き離していません。私としては、私たちのマシンが他より優れていると言いたいです。」と説明した。

将来のデルビレーシングチームに関して、数ヶ月前からパドック内で噂が流れている。ジャンピエーロ・サッキはこの状況を明確にしている。「重要なのは、今までのように仕事を継続することです。将来は現状に影響しません。シーズンが終了したときに、それぞれの道が決まるでしょう。しかし、今は全員が100%と全力を尽くしています。このことが重要です。毎日の作業の積み重ねです。私は満足していますし、彼らを誇りに思います。」

Tags:
125cc, 2002, Gauloises Malaysian Motorcycle Grand Prix

Other updates you may be interested in ›