初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロッサ ポジアーリを抜き暫定PP

ペドロッサ ポジアーリを抜き暫定PP

ペドロッサ ポジアーリを抜き暫定PP

ダニ・ペドロッサが、暫定ポールポジションを獲得した。セッション開始から7分、3ラップ目にトップタイムをマークする。その後、10分にはアルヌー・ヴァンサンが、その3分後にマヌエル・ポジアーリが入れ替わるようにポジションを替え、タイトル争いを演じる3人がバトルを展開して行く。

昨季のチャンピオンは、ライバルたちに約1秒近くの差をつけ、11分間に渡りトップの座をキープする。しかし、セッション終了40秒前にペドロッサが2分14秒275と、昨年トニー・エリアスが樹立したサーキットベストタイムを1秒083上回るタイムを叩き出し、前戦パシフィックGPの勢いを持ち込んだ。ヴァンサンは3番手に、ステーブ・イェンクナーは4番手で、同様にサーキットベストを越えた。

パブロ・ニエトとクラウス・ノーレスが5番手と6番手に入り、昨年の覇者宇井陽一が7番手につけた。東雅雄と上田昇は、それぞれ11番手と24番手。転倒したアレックス・デ・アンジェリスは15番手に終わったが、ジーニ・ボルソイは再スタートできなかった。

Tags:
125cc, 2002, Gauloises Malaysian Motorcycle Grand Prix

Other updates you may be interested in ›