初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

メランドリの技術スタッフを指揮するロッサノ・ブラッツィ 

メランドリの技術スタッフを指揮するロッサノ・ブラッツィ 

メランドリの技術スタッフを指揮するロッサノ・ブラッツィ 

MotoGP世界選手権を代表するメカニック、ロッサノ・ブラッツィ。ルカ・カダローラやバレンティーノ・ロッシらのメカニックチーフを務め、現在は250ccクラスのチャンピオンに限りなく近いマルコ・メランドリをサポートしている。ブラッツィとメランドリは二人三脚で重要な進歩を遂げ、ランキング首位の座を強固として来た。

「マルコは昨年、加藤と原田のレベルに入るために努力し、大きなプレッシャーを背負っていました。しかし、今年は大変落ち着き、比較的楽にレースに立ち向かっています。」とブラッツィはメランドリについてコメントする。「マルコは内向的な人物で、目標のためにハードワークをしてきました。もし、明日タイトルを獲得できれば、皆にとって大きな喜びです。この仕事はタイトル獲得することに成り立ち、コンスタントに戦っています。毎シーズン、一緒に仕事をしてきたライダーたちと比較することは容易なことではありませんが、私にとって多くの優れたライダーと仕事ができたことに満足しています。」

ブラッツィはメランドリと他のライダー、特にロッシとの比較を拒否したが、同様にMotoGPにスイッチすると考えている。「マルコとバレンティーノを比較するのは不可能です。ライディングスタイルも異なりますし、マシンは毎年進歩しています。250ccクラスに関しては、バレンティーノはマルコより、流れるよう走りでした。マシンをもっと走らせてました。一方でマルコはアグレッシブです。フレーキングは強く、遅く。そして一気に加速します。バレンティーノは500ccクラスにスイッチした際に、ライディングスタイルを変えなければいけませんでしたが、マルコにはその必要はないでしょう。彼のスタイルは大きく、そしてポテンシャルを持ったマシンの方が適していると思います。」

メランドリとロッシの比較対照は避けられないことだろう。ロッシは3年前に250ccクラスのチャンピオンに輝き、メランドリはこのクラスで史上最年少王者になろうとしている。そして、2人ともアプリリアでタイトルを獲得しようとしている。ブラッツィはこの論争から逃れようとしている。そして、タイトル獲得の祝賀会も。「少し年を取っているし、マルコのパーティーには行かないだろう。」と嬉しそうに語った。

Tags:
250cc, 2002, Gauloises Malaysian Motorcycle Grand Prix, Marco Melandri

Other updates you may be interested in ›