初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

中野真矢 M1での挑戦

中野真矢 M1での挑戦

中野真矢 M1での挑戦

中野真矢にとって、大きな期待を持った重要な週末を迎えている。昨年はルーキーオブザイヤーに輝くなど際立った活躍を見せていたが、今年はYZR500で困難なシーズンを過ごしていた。しかし、マレーシアGPからは待望のM1にスイッチ。最近、2ストロークから4ストロークに乗り換えたライダーたちが、優勝争いを演じるなど速さを見せていることもあり、中野も彼らに続き、重要なスタートが切れると信じている。

「全ての人が加藤とバロスに注目し、彼らの速さは際立っていました。彼らには4ストロークの経験がありますが、僕は未経験です。鈴鹿8耐に走ったことがありませんし、数回テストしただけです。でも、乗りこなせると思いますし、日曜には僕たちの目標、トップ6でゴールできると思います。」

中野はM1のリミットを確認したが、午前中のフリー走行中にクラッシュし、マシンは破損した。「僕の単純なミスです。フロントエンドのリミットを知るためにプッシュしたときに、コントロールを失いました。メカニックが懸命に修理しています。4ストロークマシンは1台しかありませんので、時間との戦いです。転んでしまいましたが、自信は変わらないです。このマシンは500ccの改良で、残り3戦に立ち向かうことに大きな期待があります。」

Tags:
MotoGP, 2002, Gauloises Malaysian Motorcycle Grand Prix, Shinya Nakano

Other updates you may be interested in ›