初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アンドリュー・ピット 自国GPデビュー

アンドリュー・ピット 自国GPデビュー

アンドリュー・ピット 自国GPデビュー

前戦マレーシアGPでGPデビューを果たしたカワサキのアンドリュー・ピットが、今週末の地元オーストラリアGPで初めてファンの前にその勇姿を披露する。柳川明の負傷により、急遽、白羽の矢が立った元スーパースポーツ世界選手権チャンピオンは、この一週間、ラジカル的な初体験の連続だったが、今、地元サーキットに挑もうとしている。

初のGPを経験したピットは、2度目の挑戦で初成績19位を上回ることを期待している。「タイヤがスライドするマシンに適応するのが最も困難だった。レース序盤はちょっとプッシュしすぎて、ミスをした。スーパーバイクの癖で、アクセルを開けるのが早すぎ、何回が危ない思いもしたけど、本当に言葉では言い表せないほどの経験を、この3日間で味わった。フィリップアイランドでは、シートやハンドルなど自分のポジションに合わせてもらって走りたい。セパンではポイントを獲得したかったが、ここでポイントゲットに向け、チェレンジしたい。」とオーストラリア人ライダーは語った。

一方でチーム監督ハロルト・エックルは、ピットの走りに満足感を示し、「セパンで重要だったのは、レースを完走するでした。アンドンリューはもう少し速く走れましたが、好ペースをキープしました。今シーズン2戦目のスーパーバイク世界選手権で優勝したホームサーキットで、いい走りをしてくれると確信しています。」と語った。

Tags:
MotoGP, 2002, SKYY VODKA Australian Grand Prix

Other updates you may be interested in ›