初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

チェッキネロ もう1年125ccクラスに参戦

チェッキネロ もう1年125ccクラスに参戦

チェッキネロ もう1年125ccクラスに参戦

シーズン末のこの時期、ルーチョ・チェッキネロはいつも同じ悩みを抱える。ライダーと現役を続けるか、それともチームの仕事に専念するか。ベネチア出身のチェッキネロは、仕事を愛していることを公言し、チームを作り上げることに情熱を持っている。しかし、ライダーとチームマネージャーの両立は決して簡単なことではなく、特に結果が上げられないときには、ストレスが溜まる。シーズン中盤には、バイクを降りることを決めたが、連続表彰台を獲得するなど、終盤に好アクションを連発。モラルを取り戻すとともに、もう1年、ライダー兼チームマネージャーの役割を続けることに考え直した。

「移り気になりたくない。33歳。生涯走ることはできないことは分かっている。だけど、引退する時期ではないし、体調もいい。ヤングライダーたちの中に入って走っていけるかと質問を受ける時、ヘルメットを被れば、年齢は関係ないと答えるんだ。仕事の責任感は本当に大きいし、いい結果が伴わず、不便な時もあるとは理解している。しかし、僕の意志とチームの意図を大切にしなければならない。チームにはスポンサーが必要で、テレビへの露出がいつも要求される。2002年を分析すると、アレックス・デ・アンジェリス、ダビッド・チェカ、そしてケイシー・ストーナーにとっては、ポジティブな評価だが、成績の面から見れば、アレックスは表彰台獲得が1回で、僕は5回だった。スポンサーにとっては、僕が現役を継続したほうが、テレビへの露出が高まるだろう。」

来シーズンも125ccクラスに、チェッキネロの勇姿が見られる。チ-ムメイトには、デ・アンジェリスが続く可能性が高い。この決断は、彼のレースへの情熱とチームへの責任感から来るものであった。

最後に、バレンシアGPについて、「バレンシアのコースをとても気に入っている。アプリリア、ジレラ、ホンダにとって、バランスいいコース設定だ。125ccクラスは、タイトルが決まるレースであり、土曜の予選終了後には、アプリリアのタイトル確保を目的に、レース戦略を決めるアプリリア勢の首脳陣ミーティングがある。そして、僕の目標はいつものように表彰台を獲得することだ。」ときっぱりと語った。

Tags:
125cc, 2002, Gran Premio Marlboro de la Comunitat Valenciana

Other updates you may be interested in ›