初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ランディ・ド・ピュニエ:「いいレースでシーズンを終えたい」

ランディ・ド・ピュニエ:「いいレースでシーズンを終えたい」

ランディ・ド・ピュニエ:「いいレースでシーズンを終えたい」

フランス人ライダー、ランディ・ド・ピュニエは中盤に成績が低迷したが、この2戦は本来の走りを取り戻してきた。予選では常に上位を確保。リオGPでは初めてポールポジションを、パシフィックGPではグリッド3位を獲得した。しかし、不運が続き、リオではクラッシュ。もてぎではテクニカルトラブルに見舞われ、スタートできずに終わった。しかし、続くマレーシアGPとオーストラリアGPでは、2戦連続6位を獲得した。

今週末の最終戦バレンシアGPでは、好調をキープし、上位を狙いに行く。「グッドなレースをしたい。5人のライダーが優勝を争っているから、難しいけど、もう1度、表彰台を獲得したい。ワークスマシンをテストした。バレンシアのコースに重要な、スピードにアドバンテェージがある。しかし、当然のことが発揮されないのをいつも見てきた。だけど、期待は失いたくない。終盤に入り、序盤戦のレベルに戻ってきたし、最終戦はいい成績で終えたい。」

多くのライダーは契約が満期となり、来年のシート確保に動いているが、ド・ピュニエは引き続きカンペテッラ・レーシングから参戦することになるだろう。「同チームに90%の確率で続けることになる。今年の僕たちの仕事には、とても満足している。バレンシアでは契約を結ぶことになろう。2台のセミワークスマシンになるのは知っているが、1台のワークスマシンが手に入る可能性がある。何よりも僕にとって、タイヤが上位陣と一緒のメーカーなることは、最も重要なことである。」

Tags:
250cc, 2002, Randy de Puniet

Other updates you may be interested in ›