初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

地元スペイン人ライダーたちの挑戦

地元スペイン人ライダーたちの挑戦

地元スペイン人ライダーたちの挑戦

前戦オーストラリアGPでマルコ・メランドリが、年間チャンピオンを獲得した250ccクラスだが、タイトルを最後まで争ったフォンシ・ニエトとのバトルは、最終戦でも展開されよう。新王者にとって、昨年のバレンシアGPでフォンシと絡み、転倒。その苦い経験を今季9度目の勝利で打ち消したいところだ。そして、フォンシの援護に回っていたチームメイトのトニ・エリアスは、チームの指令から解放され、優勝争いに加わってくるだろう。

ロベルト・ロルフォはランキング3位の座を確保しているが、グランプリ初優勝の課題が残されている。来季の所属に関しても、大詰めに来ており、バレンシアではイタリアンの動向が注目される。困難なシーズンを過ごしたチームメイトのエミリオ・アルサモーラは、地元ファンの前でその勇姿を再び披露したい。また、ホンダを駆ける両雄にとっては、85年以来のシーズン未勝利の回避に挑むことになる。

ランキング4位を同ポイントで並ぶセバスチャン・ポルトとエリアスの対決も注目である。ポルトはリオGPで初優勝を飾るなど、後半戦ではミランドリに続き、高ポイントを連取している。一方で、地元ファンが最も期待するライダーの1人が、アレックス・デボンである。バレンシア近郊出身のデボンは、昨年の決勝レースでは雨の影響で転倒リタイヤしたが、予選では2位を獲得するなど、ホームレースでの強さを見せた。また、現在250ccクラスにエントリーする中で唯一優勝経験があるのが、ロベルト・ロカテリ。来季は125ccクラスに復帰する可能性が高く、250ccクラス最後のレースを好成績で締め括りたいところだ。

Tags:
250cc, 2002, Gran Premio Marlboro de la Comunitat Valenciana

Other updates you may be interested in ›