初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ビアッジと加藤を抑え、バロスが暫定ポール獲得

ビアッジと加藤を抑え、バロスが暫定ポール獲得

ビアッジと加藤を抑え、バロスが暫定ポール獲得

アレックス・バロスが、ホンダRC211Vで素晴らしい走りを披露している。パシフィックGPから4ストロークマシンを手に入れたブラジリアンは、この日の予選1日目も、セッション開始10分からトップに立った。ラスト4分のタイムアタック中にクラッシュを起こしたが、直前には、昨年マックス・ビアッジが樹立したサーキットベストラップを0.912秒上回る快走を見せた。

暫定ポールポジション争いは、僅少差のだった。昨年の覇者ビアッジはバロスから0.054秒差で、昨年の250cc覇者加藤大治郎は0.057秒差だった。ワールドチャンピオンのバレンティーノ・ロッシは、トップから0.575秒遅れの4番手に入った。

ヤマハM1を得て3戦目を迎える中野真矢が、5番手に進出すれば、カルロス・チェカ、マックウィリアムス、マッコイが暫定セカンドローに並ぶ。開始8分にローサイドからクラッシュした宇川徹は、マシンを乗り換えて予選に挑み、1日目は12番手に終われば、青木宣篤、原田哲也、ノリックはそれぞれ17番手、18番手、19番手だった。また、来季から参戦が決まっているコリン・エドワーズとニッキー・ヘイデンが、観戦に訪れた。

Tags:
MotoGP, 2002, Gran Premio Marlboro de la Comunitat Valenciana

Other updates you may be interested in ›