初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロッサとバルベラがトップに

ペドロッサとバルベラがトップに

ペドロッサとバルベラがトップに

ダニ・ペドロッサが125ccクラス予選1日目のトップを飾った。2番手には、この予選の主役の1人、エクトル・バルベラが入り、17歳と15歳の地元スペイン人ライダーたちが、タイトル争いを演じるアルヌー・ヴァンサンとマヌエル・ポジアーリを抑えた。

ポイントリーダーのヴァンサンは、3番手につければ、ポジアーリはマシントラブルが発生し、ピットへの帰還を余儀なくされるなど、後方に低迷した。ラスト数のタイムアタックで、ようやく8番手までポジションを奪回し、ペドロッサとは1秒差、ヴァンサンとは0.7秒差に縮めた。

不本意なシーズンの最後に好成績で締め括りたい宇井陽一が、4番手で暫定フリントローを獲得すれば、ミカ・カリオ、ミルコ・ジャンサンティ、パブロ・ニエトが暫定セカンドローに入った。上田昇と東雅雄をそれぞれ26番手と28番手だった。また、セッション開始と同時にアレックス・デ・アンジェリスが転倒すれば、チームメイトのルーチョ・チェッキネロがセッション終了に大クラッシュを起こした。

Tags:
125cc, 2002, Gran Premio Marlboro de la Comunitat Valenciana

Other updates you may be interested in ›