初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アンヘル・ロドリゲス 250ccワイルドカードとしてチャンピオンシップに復帰

アンヘル・ロドリゲス 250ccワイルドカードとしてチャンピオンシップに復帰

アンヘル・ロドリゲス 250ccワイルドカードとしてチャンピオンシップに復帰

アンヘル・ロドリゲスは、125ccクラス期待ライダーとして、スペインモーターサイクル界の前途有望なヤングライダーとして、昨季からフル参戦していた。今季は開幕戦日本GPで7位に入り、好スタートで期待が高まった。しかし、その後の7戦で、6戦に転倒するなど結果が残せず、ドイツGP終了後には、所属するアスパルチームからの参戦がキャンセルされた。そして今、レーシング・ダマスから250ccクラスに挑戦する。

「125ccのレースはヘビーだった。強い入れていたように、速く走れなかった。とても困難なバトルだった。」とリカルド・トレモサーキット郊外出身のロドリゲスは、振り返った。「ホルヘ・マルティネス・アスパルと幾つか食い違いがあり、僕たちの進む道が分かれた。今週末は、250ccクラスにで復帰する。久しぶりに走るから、嬉しいね。失望のシーズンを締め括りとしては、満足できる終わり型だよ。」

同じアプリリアでも今回は250ccとポテンシャルが異なるマシンで走ることについて、17歳の‘ロドリ'はポイント争いができると自信を持っている。「両マシンには、明白な違いがあるけど、250ccマシンの方がライディングが難しいとは思わない。コーナーを抜ける感じは似ているし、このマシンの方が僕のスタイルに合っている。僕は最近、大きくなったからね。今週末は、マシンを借りたけど、チームは2003年のフル参戦に向けて準備を整えている。1ポイント獲得は、最初のステップだ。」

Tags:
250cc, 2002, Gran Premio Marlboro de la Comunitat Valenciana

Other updates you may be interested in ›