初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヴァンサン ワールドチャンピオンに!

ヴァンサン ワールドチャンピオンに!

ヴァンサン ワールドチャンピオンに!

アルヌー・ヴァンサンが125ccクラスのチャンピオンに輝いた。最終戦まで縺れ込んだマヌエル・ポジアーリとのタイトル争いだったが、スタート直後から悲願のチャンピオンに向け、突っ走った。また、ヴァンサンはフランス人として、初めてこの125ccクラスを制覇した。

スタートからヴァンサンとダニ・ペドロッサが飛び出し、セカンドグループのパブロ・ニエト、バルベラ、イェンクナー、ボルソイ、デ・アンジェリスを引き離す。4ラップ目にペドロッサがトップに立つ。そして、6ラップ目。ポジアーリがミスを犯し、オーバーラン寸前で大きく遅れた。トップの2人に8秒差と離れ、9位に大きく後退し、タイトル連覇が遠退いた。ヴァンサンはタイトル確保に向け、決して無理せず、ペドロッサにアタックを仕掛けなかった。

パブロ・ニエトは、地元グランプリでの表彰台獲得に向け、ラスト6ラップからペースを上げ、イェンクナーとで・アンジェリスを抑えた。そして、東雅雄は18位でゴールすれば、上田昇は4ラップ目に、宇井陽一は11ラップ目に転倒リタイヤした。

Tags:
125cc, 2002, Gran Premio Marlboro de la Comunitat Valenciana

Other updates you may be interested in ›