初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

圧倒的な速さで最終戦を制したメランドリ

圧倒的な速さで最終戦を制したメランドリ

圧倒的な速さで最終戦を制したメランドリ

第15戦オーストラリアGPでワールドチャンピオンに輝いたマルコ・メランドリが、再び表彰台の最上段に立った。ポールポジションからスタートし、ライバルたちを寄せ付けない完璧な走りで、シーズン9勝目を獲得した。

メランドリと優勝を争うであろうライバルたちが、次々に"被害者リスト"に掲載されて行く。最初にコース上から姿を消したのは4位につけていたセバスチャン・ポルトだった。ファーストラップ終了直後にマシントラブリが発生し、戦列離脱を余儀なくされた。そのポルトとランキング4位を争っていたトニー・エリアスは、メランドリを追いかけ、2位と単独走行をしていたが、ラスト10ラップに失速し、10位に後退した。チームメイトのエリアスとともに、チャンピオンを追いかけたフォンシ・ニエトは、10ラップ目にローサイドからクラッシュした。

ライバルたちからのプレッシャーがなくなったメランドリは、「フィリップアイランドのようなバトルがなかったとはいえ、このレースは決して楽ではなかった。27ラップを、このように走ることはハードだ。僕の目的は最高の形でこのクラスを後にすることだったから、勝つために全力を尽くした。優勝でき、満足だ。」とレースを振り返った。この最終戦の旋風で、シーズン9勝目を達成。そして、96年のマックス・ビアッジと99年のバレンティーノ・ロッシに並び、歴代最多勝利のランキング3位を獲得した。

Tags:
250cc, 2002, Marco Melandri

Other updates you may be interested in ›