Tickets purchase
VideoPass purchase

アプリリア エドワーズ&芳賀体制を発表

アプリリア エドワーズ&芳賀体制を発表

アプリリア エドワーズ&芳賀体制を発表

アプリリアが2003年チーム体制を発表した。今季は1人ライダー体制だったが、来季はコーリン・エドワーズと芳賀紀行の2人を起用する。エドワーズは、今季、2度目のスーパーバイク世界選手権チャンピオンに輝き、モトGPの舞台に初登場する。チームメイトとなる芳賀は、一昨季、500ccクラスに参戦し、今季はアプリリアからスーパーバイク世界選手権に参戦していた。総合ランキング4位に入り、2年振りの復帰となる。

アプリリアのイバーノ・ベッジョ社長は、「アプリリアの名誉とテクノロジーを駆使して、モトGPプロジェクトを実行することを検討してきました。マシン開発の初年度の結果は、大幅な戦闘力強化となって来季に繋がります。プロジェクトの方向性は固まっています。来季に向け、私たちの力を注ぎ込み、強化することを決定いたしました。私たちは革新と発展を重要に置いていますし、それらを実行できる能力があります。そして、2003年への挑戦に向け、2人のタレントあるライダーを起用します。ライダーとメカニックたちは、直ぐに安定した成績を収めるために作業に着手します。」と語った。.

アプリリアは同時に、来季はモトGP中長期プログラマと合意に達したミシュランのタイヤを搭載することを発表した。「キューブ」の愛称を持つエンジン開発について、レース部門のジャン・ヴィットベーン責任者は、「4ストローク部門とは、モトGPに専念したグループです。戦闘力を持ったプロトタイプを開発しなければなりせん。」と語った。2週間後、冬季テストがスペインで実施される予定となっている。

Tags:
MotoGP, 2002, Colin Edwards

Other updates you may be interested in ›