初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

モトGPへのアバンチュールを熱望するニッキー・ヘイデン 

モトGPへのアバンチュールを熱望するニッキー・ヘイデン 

モトGPへのアバンチュールを熱望するニッキー・ヘイデン 

来季のモトGP世界選手権のパドックには、多くのニューフェイスたちが登場することになろう。ニッキー・ヘイデンも、その注目の1人である。AMAスーパーバイク選手権を制覇した21歳のアメリカ人ライダーは、ホンダRC211Vを駆け、モトGPクラスにチャレンジすることが決定している。

ヘイデンは最終戦が開催されたリカルド・トレモサーキットのパドックに姿を現し、関係者らと初接触を図った。「とてもプロフェッシュナルな環境だ。コースは、アメリカとは比べものにならないくらい、素晴らしい。特に安全面に関しては優れている。感銘を受けた。」と第一印象を語った。

AMAからモトGPへのステップは、全てにおいて挑戦となろう。「順応期間が必要だと思っている。辛抱して臨みたい。これは正真正銘のチャレンジだ。多くの優れたライダーがいるし、僕自身に関しては、サーキットを学び、使用するタイヤに適応しなければならない。」

ヘイデンには、来季使用するRC211Vの冬季テストが控えている。「長い間待っていた機会が、今、そこにある。これは、僕の夢であり、目標だった。ホンダは僕にビックなチャンスを提供し、この2年間はたくさんのことをしてくれた。マシンをテストしたいけど、少しずつ進んでいきたい。」

Tags:
MotoGP, 2002, Nicky Hayden

Other updates you may be interested in ›