初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

優勝ライダーが限られた激戦の125ccクラス

優勝ライダーが限られた激戦の125ccクラス

優勝ライダーが限られた激戦の125ccクラス

激戦が展開される125ccクラスだが、今季は優勝者数が昨季より減少した。今季、表彰台の最上段に登ったライダーは、5人。チャンピオンとなったヴァンサンが5勝を上げれば、ポジアーリが4勝、ペドロッサとチェッキネロがそれぞれ3勝で、東雅雄がリオGPで優勝を収めた。

昨季は宇井陽一の6勝を筆頭に、ポジアーリ3勝、東2勝、エリアス2勝、そして上田、チャッキネロ、サンナがそれぞれ1勝をマークし、7人のライダーが優勝を果たした。しかし、今季は宇井と上田が相次ぐマシン不調と負傷の影響で困難なシーズンを過ごせば、エリアスは250ccクラスに転向した。

最も優勝ライダーが限定されたのは、97年シーズン。ロッシと上田の2人による独占的なレースが展開された。

125ccクラスで最も安定して優勝を飾っているのは東であろう。97年からフル参戦を果たし、翌年の98年からは毎シーズン表彰台の真中で、歓喜の祝杯を上げている。

Tags:
125cc, 2002

Other updates you may be interested in ›