初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

雨に見舞われたホンダ&ヤマハのヘレステスト

雨に見舞われたホンダ&ヤマハのヘレステスト

雨に見舞われたホンダ&ヤマハのヘレステスト

2002年モトGPチャンピオンのバレンティーノ・ロッシ不在のなか、HRCとヤマハのオフィシャルテストが、今日からスペインのヘレスで実施された。初日のテストは雨が降り、冷え込むコンディションのなか、宇川徹、加藤大治郎、ニッキー・ヘイデンがホンダRC211Vを、カルロス・チェカ、マルコ・メランドリ、アレックス・バロス、オリビエ・ジャック、中野真矢がヤマハM1を駆け、コースに飛び出した。

ロッシのチーフメカニックであるジェレミー・バージェスは、テストに適したコンディションでないことを語った。ただし、新人ヘイデンにとっては、ウェットコンディションでの経験を積む好機となった。AMA全米選手権では常に好天候のなかで開催されることもあって、今週は雨が降り続く予報があり、悪天候下でテストが実施されることになるだろう。「アメリカでは、コースはウエットでのライディングを考慮していない。だから、今回は経験を積む意味では非常に重要なテストだ。今日コースに出て、いい周回ができたことに、満足している。」とAMAチャンピオンは語った。

また、同じくモトGPクラスにデビューするマルコ・メランドリもニューマシンのM1で、ウェットコンディションでの走行を確認した。

Tags:
MotoGP, 2002, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›