初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アプリリアのバレンシア・テスト終了

アプリリアのバレンシア・テスト終了

アプリリアのバレンシア・テスト終了

アプリリア・モトGPチームのテスト最終日が18日、スペイン・バレンシアで実施された。コーリン・エドワーズと芳賀紀行は、モトGPマシンRS3『キューブ』の開発作業を引き続き行った。 前日に続き、テスト2日目もチームメイトより速いタイムを出したエドワーズ。今シーズン最終戦にマックス・ビアッジが記録したポールポジションタイムに近づく、1分34秒5をマークした。芳賀はアメリカ人ライダーより、約1秒半遅れだった。

1ヶ月半振りにコースに戻ってきた250ccクラスのフォンシ・ニエトとトニ・エリアスは、それぞれのテストプログラムを消化した。アスパル・チームはこの2日間、新シャーシのテストを行い、エリアスは1分37秒5をマークすれば、フォンシは終始セッティング作業に専念し、チームメイトから約1秒7遅れだった。エリアスは、雨の影響で転倒したが、負傷はなかった。

ダニ・ペドロサは、この2日間で500km以上を走り込んだ。来年までホンダからニューパーツの到着を待つが、この日は1分41秒5を刻んだ。ペドロ・ニエトとエクトル・バルベラはそれぞれペドロサから、0.1秒と0.2秒遅れだった。

Tags:
MotoGP, 2002

Other updates you may be interested in ›