チャンピオンズ・デー

Thursday, 11 July 2002

チャンピオンズ・デー

チンサノ・ブリティシュ・グランプリのプレニュードとして実施される伝統的なイベント‘チャンピオンズ・デー'が、ドニントンパーク・サーキットで午前中からMotoGP主催者の協力により催された。午後になり天候が下っていったにも関わらず、多くのMotoGPファンが駆け、イベントに参加した。手ごろな入場券で、MotoGPの心臓部とも言うべきパッドクに入ることができ、明日からのレースに向け、準備を整えているライダーたちに出会うことだできた。

入場者数はまだ確認できないが、第10回目を迎えたイベントは例年になく盛り上がりを見せた。多くの特設会場でインタビューを始め、スクーターによるレースも開催された。特にマックウィリアムス、ハスラム、ビンセント、そしてモトクロス世界王者のダブらが形成する地元イギリスチームの活躍が光った。

また、この日はオークションも実施。ライダーたちのレーシングスーツなどが、このイベントの主催であるライダーズforヘルスのウェッブサイトのオンラインで販売され、1000ユーロ以上の金額つけられた。高額購入者には、元ワールドチャンピオンのランディ・マモラのライディングする2シーターマシンに同乗するチャンスが与えられる。

慈善団体の活動に長く協力しているマックス・ビアッジは次のように語った。「ライダーズforヘルスの活動がしっかりと根付いてきたと思う。僕はサポートしているベテランの1人である。常にオークションに貢献するようにしている。今回も成功だった。」

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising