ヘイデン、ロッシとニューマシンを語る

Monday, 16 December 2002

ヘイデン、ロッシとニューマシンを語る

ニッキー・ヘイデンが、先週のヘレス・テストで初めてチームメイトのモトGP王者バレンティーノ・ロッシとボックスをシェアした。アメリカ人ライダーは、「ホンダのファクトリーチームにいることは、まるで夢のようであり、バレンティーノと一緒のチームということは、大変名誉なことだ。だけど、地に脚がついているよ。世界チャンピオンからたくさんのことが学べるのは確かだし、全てのプロセスを楽しみたいね。」と感激の印象を語った。

ヘイデンは、もてぎ、バレンシア、そしてヘレスとテストを通して、ホンダRC211Vのポテンシャルの高さに驚嘆していた。「初めてこのマシンを乗ったけど、グレートだ。このマシンには、大きな可能性があり、今年アメリカで使用したSP-2とは全く異なる。 当然、リミットを把握するために、そして、気分良く乗るために、もっと乗りこなす必要があるけれど、まだスタートしたばかりだ。日増しに良くなっているよ。」

アメリカンルーキーは数日間の休養を取り、1月に再びテストを再開する。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising