初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

テイラー、開発進歩に満足感を示す

テイラー、開発進歩に満足感を示す

テイラー、開発進歩に満足感を示す

チーム・スズキのチームマネージャー、ギャリー・テイラーが13日から始ったマレーシア・セパンでのプライベートテストの進行に満足感を示した。一方で、03年型GSV-Rの開発には、まだ多くの開発作業が必要であると強調する。今回のテストで初めて、ケニー・ロバーツとジョン・ホプキンスが一緒にコースを走り、テイラーはチームの努力が結果として表れていることを確認した。

「月曜は完全なドライコンディションで、マシンの多種多様な作業を実行できた。これは、03年型マシンで最初の突っ込んだテストだ。開幕の時とは、このマシンとあまり大きな違いはないだろう。ここまでのテストを見てきて、我々は大変満足している。まだまだ多くのテストがあり、ハードな作業が控えている。」とテイラーは語った。

テスト2日目は豪雨に見舞われたが、ホプキンスはニューマシンでのウェット経験を積むために、コースに飛び出した。チームは水曜にオフを取り、金曜までテストを実施する。

Tags:
MotoGP, 2002

Other updates you may be interested in ›