初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリアン・シモン、来月センプルッチ・マラグーティでデビュー

フリアン・シモン、来月センプルッチ・マラグーティでデビュー

フリアン・シモン、来月センプルッチ・マラグーティでデビュー

イタリアの有力メーカー、マラグーティ社は昨シーズンの最終戦の際、チーム・センプルッチと組んで、モトGP世界選手権125ccクラスに新規参戦することを発表した。現在は4月の開幕に向けて、新マシンの開発が進んでいる。イタリア人ライダーのファブリツッオ・ライと共に、新メーカーを駆けることが決定しているスペイン人ヤングライダーのフリアン・シモンは、デビューシーズンに向け、準備を整えている。

「今は学校とフィジカルトレーニングの両立をしている最中で、先日は体力測定を図った。毎日、ジムでフィジカルトレーニングに励み、週末にはモトクロスに乗っている。」と来月16歳の誕生日を迎えるシモンは語った。「おそらく、来週にはちょっとしたテストのために、クロアチアのリエカにあるサーキットに行くことになりそうだ。約2ヶ月ほど、レースマシンに乗っていないし、感覚を掴み始めないとね。まだ、新マシンは使用できないから、距離を走り込むために昨年のホンダを使用することになろう。IRTAテストの時には、03年型マシンが準備される予定だ。」

シモンにとって、テストは新チーム、そしてチームメイトを知る絶好な機会となろう。「昨シーズンのスペイン選手権125ccクラスで、何度かファブリツッオとは基本的な会話を交わしたことがあった。これからは、もっとお互いを知る機会が増えるだろうね。」

シモンは新マシンに対して、大きな興味を抱いている。「新マシン開発に多くの時間が費やされている。新エンジンに新シャシーと今までに乗ったことがない、全く違ったマシンだと思う。マシンは今のところまだ未知だけど、戦闘力が備えられると、大きな信頼感があるんだ。」

Tags:
125cc, 2003

Other updates you may be interested in ›