初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

クリス・マルティン、シードルフ・レーシングから野心的目標を持って初参戦

クリス・マルティン、シードルフ・レーシングから野心的目標を持って初参戦

クリス・マルティン、シードルフ・レーシングから野心的目標を持って初参戦

英国人ライダーのクリス・マルティンは、オランダ代表とイタリアのACミランで活躍するサッカー選手クリスチャン・シードルフ率いるシードルフ・レーシングから世界に飛び出す。ヨーロッパ選手権最終戦の時に世界選手権参戦へのオファーを受けた現ブリティシュ125ccチャンピオンは、先週ヘレスでアプリリア・スタンダードの初テストを行った。

「チームは僕に非常に興味を持っていた。僕もカルタヘナ(ヨーロッパ選手権最終戦開催地)で初接触してから、彼らのアイディアを気に入っている。」と22歳のライダーは説明する。「この契約にはもちろん満足しているし、彼らも喜んでいるようだ。ヘレスでの初テストは、以前に旧型のホンダで記録したタイムを約3秒ほど更新した。アプリリアの全面的支援が受けられ、IRTAテストの時には新マシンが使用できるから、まだまだ速く走れるはずだ。」

マルティンは、多くの英国人ライダーたちが世界舞台に戦闘力の低いマシンで参戦する道を、うまく回避したようだ。そして、野心的な目標を持って世界に挑む。「勝つために来たんだ。参戦する多くのライダーたちを制し、勝ったことがある。イギリスGPの際にワイルドカードで2度参加した経験から話すけど、同じ仕様のマシンで争えば、勝てる。そして、僕は手に入れたんだ。このチャンスに興奮しているし、実力を証明したい。」

世界の一流選手であるシードルフが率いるチームは、常に多くの注目を集めることになるとメルティンは説明する。「月曜にマドリードで、クリスチャンと知り合った。とても気持ちの良く、親切な人だ。チームのために全面的に協力することを僕たちに説明してくれた。いくつかのスポーツに関わって行こうと努力しているようで、モーターサイクルが彼の最初のプロジェクトだ。」

Tags:
125cc, 2003

Other updates you may be interested in ›