初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

パブロ・ニエト、03年型アプリリアのフィーリングを説明

パブロ・ニエト、03年型アプリリアのフィーリングを説明

パブロ・ニエト、03年型アプリリアのフィーリングを説明

バレンシアでのアプリリア合同テストでは、03年型マシンを走り込み、突っ込んでテストができたので、満足している。まず最初に、全てが新しいと順応するのに苦労するけど、2日間のテストは良かったと評価できる。当然、マシンのフィーリングは全く異なるけど。シャシーもエンジンも新しいし、マシンのベースとなることや、昨年までの1枚ディスクから2枚ディスクとなったフロントブレーキを試した。

バレンシアでのラップタイムは悪くないけど、追求した訳ではないから、別に気にしていない。好タイムは常にポジティブだけど、この段階では、マシンが順調に機能することが重要なんだ。シーズン開始としては当然のことで、エンジンはまだ少し低いレベルだけど、ベースは凄く良い。とにかく、作業を続けることだ。

次のテストは、19日から始るヘレスでのIRTAテスト。向こうでは、全チームが揃う。一方で僕たちは仕事を継続し、ライバルたちと比較して行こう。いつものように、表彰台のないグランプリだ!

Tags:
125cc, 2003, Pablo Nieto

Other updates you may be interested in ›