初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ジャンピエーロ・サッキ、デルビ&ジノラの開発状況を説明

ジャンピエーロ・サッキ、デルビ&ジノラの開発状況を説明

ジャンピエーロ・サッキ、デルビ&ジノラの開発状況を説明

バルセロナ郊外のモジェットにある技術部門における開発作業に大変満足している。チームは100%全力を尽くし、全面的にポジティブな進化を見せている。私たちの努力と独自の方法で作業に取り掛かっている。レース部門にも脚を運んできたが、作業状況に満足感を得た。それに、個別で機能しているのではなく、組織が協力し合って仕事をしている。

現在は、プログラム延滞を取り戻しているところ。この延滞原因の幾つかについては、明白であり、切開する必要はない。言えることは、継続と努力、そして限界まで押し上げて、この作業に立ち向かっていくだ。IRTAテストが迫り、作業の全てが反映されることを期待している。意味のあるテストとなるだろうが、開幕まで2ヶ月あり、進展し続け行く。

私たちのプログラムに03年完成型マシンのシャイクダウンの日程は、決まっていない。ライダーたちは、ニューパーツを徐々に受け取っていく。例えば、ヘレスでは、新型カバーとシリンダーが搭載できるだろうし、エストリルでは、新型クランクが使用できるだろう。そして、4月には全面的に戦闘力の高いマシンが整うだろう。

Tags:
125cc, 2003

Other updates you may be interested in ›