初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ポジャーリ、プレシーズン暫定ポールポジション確保中

ポジャーリ、プレシーズン暫定ポールポジション確保中

ポジャーリ、プレシーズン暫定ポールポジション確保中

アプリリアの250ccマシンで高い順応力を見せるマヌエル・ポジャーリが、既にタイトル有力候補に挙げられるほど、その実力を証明している。サンマリノ出身のライダーは、最近行われたアプリリア合同バレンシア・テストで参加者中トップの1分36秒0をマーク。昨シーズン最終戦と比較すると、マルコ・メランドリが樹立したPPタイム1分35秒8に僅かに届かなかったが、フロントローを獲得する素晴らしい結果を残した。また、1月中旬に行われたヘレス・テスト2日目には、これまでのPPタイム1分44秒8を上回る1分44秒4を記録。センセーションなラップタイムを次々にマークし、旋風の予感を与えている。

元125cc王者のパフォーマンスは、同じアプリリアを駆けるトニ・エリアスとフォンシ・ニエト、そしてホンダのニューマシンを得るロベルト・ロルフォへの強烈な警告を与えた。エリアスとニエトの2人は、セッティングに専念していたバレンシア・テストではそれぞれ1分38秒2と1分38秒5と、ポジャーリ以外もランディ・ド・ピュニエ、フランコ・バッタイーニ、ジョアン・オリベ、そしてエクトル・ファウベルよりも遅れていた。一方で、ロルフォのヘレス・テスト最速ラップは、1分46秒4だった。

冬季プレシーズンのテストはコンディション条件が異なるが、来週には今年初のIRTAテストが実施される。同条件の中、ポジャーリがプレシーズン暫定ポールポジションをキープできるか、注目される。

Tags:
250cc, 2003

Other updates you may be interested in ›