初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

チャズ・デービズ、けがを負いながらも250ccを堪能

チャズ・デービズ、けがを負いながらも250ccを堪能

チャズ・デービズ、けがを負いながらも250ccを堪能

250ccでの2度のテストを実施したけど、マシンへの順応機会があったとは感じていない。ヘレスでのIRTAテスト初日は通常のように、まずはマシンへの初接触。その後が良くなかった。ヘレスに着いた時から体調が良くなかったけど、27周を走り、9番手。満足の結果だった。その後に転倒し、手首を痛めた。それ以上に、路面に全身を強打して気分がとても悪かった。残り2日間のテストを失い、次のテスト会場エストリルに向った。向こうでは、たいぶ回復したけど、特に左高速コーナーで手首が激しく痛み始めた。コスタ医師にレントゲンを撮ってもらったら、脱臼を発見。サポーターで固定した。

だけど、250ccの体験ができ、とても気力に満ちている。乗り心地がとても良かった。125ccはあまりにも小さかったんだ!両足が外に大きく出てしまうから。今は完璧にマシンと一体化で、頭がフロントカルフにくっ付いて走ったよ。まるで、僕自身がマシンの一部のようだ。僕にとって、好シーズンとなろう。成績をジョアン・オリベと比較して行く。彼も125ccクラスから移り、非常に似たマシンを駆けるから。だから、彼に勝てれば、満足感が得られるだろう。

IRTAテストが終わり、学校に戻ったところ。家で猛勉強中。今シーズンもレースと学業を両立したい。簡単ではないけどね。また、ジェイムズ・ダブにチケットを依頼して、モトクロスを初めて観戦した。ライダーは皆、驚異的だ。数人のライダーは、30分おきに3レースに参戦するんだ。特に上半身には非常にハードだろうね。モトクロスの経験は浅いけど、何度かオーストラリアでケーシー・ストーナーとダートトラックを楽しんだ。いいトレーニングとして使えそうだ。

3月12日と13日に、バレンシアで開幕前の最後のテストを行う。鈴鹿にはいい状態で臨みたい。病気にはかかりたくし、特に雨は降らないで欲しいね。

Tags:
250cc, 2003

Other updates you may be interested in ›