初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

家族的なイタリアンチーム、チーム・アブルッゾ

家族的なイタリアンチーム、チーム・アブルッゾ

家族的なイタリアンチーム、チーム・アブルッゾ

チーム・アブルッゾがタイトルを狙いに、効果的な変貌を遂げた。今シーズンは、ベラランのステファノ・ペルジーニとマックス・サバターニを起用する。98年に坂田和人と共にタイトルを獲得したチーム代表のジオルダーノ・セリゾオーニは、数日前のIRTAテストを終え、タイトル奪回を強く意識したことだろう。

「ステファノは、いつも気に入っていたライダーです。」とセリゾオーニは語る。「能力があり、速いライダーです。しかし、彼の経歴にはチャンスが恵まれなかった。私たちは彼に賭けます。彼は大きなことができると信じています。ヘレスでトップタイムをマークしたのには、驚きました。マシンに順応するのに、もっと時間が必要だと考えていましたから。そして、マックスは5番手でした。従って、これ以上望むことができません。エストリルは順調ではなかったですが、この2人のライダーと共に、大きなことができる印象を受けました。」

セリゾオーニは、ファミリー的なチームを維持し、目標は野心的ではないことを明かす。「参加するだけではなく...それ以上は言えません。98年にタイトルを獲得しました。もちろん、繰り返したいです。チャレンジするための部品が入手でき、効率の良いライダーを起用します。」チームは、まるで好ライダーを摘出するスペシャリストのようであり、セリゾオーニはライダーたちを誇りに感じている。「うぬぼれたくありませんが、タイトルを獲得した坂田以外にも、ボルソイやイェンクナーらは彼ら自身初の表彰台をこのチームで獲得してきました。いい雰囲気の中で仕事ができ、それが成績に結びついています。」

チーム・アブルッゾは、3月24日と25日にムジェロで実施されているアプリリアのプライベート・テストに参加を予定している。「全ては運送面次第です。もし、ムジェロに部品が届くのなら(鈴鹿に間に合うのは保証済み)、プレシーズン最後のテストに参加します。」

Tags:
125cc, 2003

Other updates you may be interested in ›