初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

トニ・エリアス、トップタイムをマークし鈴鹿へ

トニ・エリアス、トップタイムをマークし鈴鹿へ

トニ・エリアス、トップタイムをマークし鈴鹿へ

アプリリア合同テスト2日目最終日が25日、ムジェロで行われた。シーズン開幕前の最終テストで、トニ・エリアスが冬季プレシーズンを通して実施してきた新型RSWのセッティングを最高の形で締め括った。26日に20歳の誕生日を迎えたスパニッシュライダーは、非公式ながら1分53秒1をマーク。01年に原田哲也が樹立したサーキットベストラップ1分53秒922を上回った。

「記録したタイムにとても満足しているよ。ハードワーク後、マシンが上手く仕上がった。それに、この2日間はセッティングを煮つめ、タンクを満タンにして走るなど、レースに向けて特別なテストを実施した。本当に、こんなに速いとは期待もしていなかった。だけど、このタイムは僕たちの進めている仕事が正しいこと。そして、良い方向に向っていることを示している。そのことが最も重要だ。」とエリアスはテストを振り返った。

チームメイトのフォンシ・ニエトは初日よりタイムを伸ばし、1分55秒5。初日トップタイムを記録していたマヌエル・ポジャーリはクラッシュを起こしたが、幸い大事には至らなかった。

Tags:
250cc, 2003

Other updates you may be interested in ›