初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ・マールボロ・チームが在日イタリア大使館を表敬訪問

ドゥカティ・マールボロ・チームが在日イタリア大使館を表敬訪問

ドゥカティ・マールボロ・チームが在日イタリア大使館を表敬訪問

冬季プレシーズンの最後のテストを終え、03年シリーズ第1戦スカイウォッカグランプリ・ジャパンで世界最高峰の舞台へ復帰するドゥカティのMotoGPチーム、ドゥカティ・マールボロ・チームが1日、東京のイタリア大使館を表敬訪問した。

在日イタリア大使のガブリェーレ・メネガッティ氏は、チームディレクターのリビオ・スッポ氏にテクニカルティレクターのコッラド・チェッキネーリ氏、ロリス・カピロッシ、トロイ・ベイリスや招待客約300人を大使館公邸の庭園に招待した。

式典に出席したロリス・カピロッシは、「僕のキャリアで最大の挑戦と全ての希望を持って、シーズンが今、スタートする。マシンは著しく開発し、冬季期間は順調だった。僕は、ファクトリーの仕事に包まれている気分だ。」と意気込みを語れば、チームメイトのベイリスは、「当然、多くのことは学習しなければならないし、同時にマシンの開発とレースへのバトルをやならくてはね。鈴鹿は一度も走ったことがないけど、2日間のテストを消化し、コースを気に入った。」と語った。 ドゥカティは日本市場において、大きな成果を上げている。昨年度は約4千台のオートバイを販売。これまでに4万台以上が販売されるなど、ドゥカティファンが広まっている。

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›