初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

予選1日目 MotoGPトップ3のコメント

予選1日目 MotoGPトップ3のコメント

予選1日目 MotoGPトップ3のコメント

バレンティーノ・ロッシ:「午前中は、ドライコンディションでマシンとのフィーリングは良く、いいタイムで走れた。事前テストでマシンの問題が解決。チームの仕事の成果が表れ、いいセットアップができた。午後は厳しいコンディションだったけど、幸いにタイムも出せ、雨でチャンスの時が来た!

マックス・ビアッジ:「今日はコースコンディションが難しく、ミスを犯しやすい状況だったので、フロントローを獲得できてうれしい。その時に適したタイムを装着した。明日も雨が降りそうなので、今日の結果で順位が決まるだろう。だからこそ、今日の2位には価値がある。マシンはまだ100%ではないが、雨でもドライでも、どちらでもOKだ。」

宇川徹:「月曜のテストで転倒してしまい、マシンを替えているけど、問題なし。痛めた左膝はまだ痛みはまだあるけれど、マシンに乗ってしまえばまったく平気です。今日のコンディションは、マシンのセットアップという意味では参考になりませんでした。」

カルロス・チェカ:「タイミングを見計らって、スリックタイヤで走り出したら、また雨。リアが滑り始めたので、ピットインした。ドライでのセッティングを煮つめたかったけど、結局5ラップしか走れず残念だ。」

玉田誠:「戦略が上手く行った。路面が乾き始めた時、すぐにスリックに履き替えて、アタックしたんだ。ラップごとにタイムを更新できた。明日が予報通り雨なら、今日のポジションがそのままスターティンググリッドになるだろう。」

ケニー・ロバーツ:「この路面コンディションでは、セットアップもタイヤも、まずまずいい感触を得た。明日は、決勝レースでドライでもウェットでも行けるように準備を整えたい。混戦になることを考えて、セットアップを進めたい。」

Tags:
MotoGP, 2003, SKYY VODKA Grand Prix of Japan

Other updates you may be interested in ›