初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

125ccクラス 予選2日目トップライダーのコメント

125ccクラス 予選2日目トップライダーのコメント

125ccクラス 予選2日目トップライダーのコメント

アレックス・デ・アンジェリス:「結果にはとても嬉しいよ。だけど、他のコンディションだったら、もっと好タイムを出すことが出来たはずさ。マシンのポテンシャルは非常に高いから。好レースになるかもしれないけど、ドライで走りたい。」

ダニ・ペドロサ:「午前中は連続したテストがしたかったけど、全部を実施するのは不可能だった。午後はドライとウェットのミックスしたコンディションで、何もテストできなかった。こういう状況のときは、用心して走らないと。ミスしたら代償は高くつくからね。明日は、2番手スタート。このポジションから好成績を獲得できる力が僕たちにはあるか確認しよう。」

ルーチョ・チェッキネロ:「通常、このサーキットは乾くのはすごく早いんだ。1時間前に雨が降っていたら、ドライタイヤを使用することができる。当然、僕はそれを望んでいる。鈴鹿で11度目のレースだけど、天気は最悪だ!」

宇井:「どのサーキットでも同じだけれど、走り出しからタイムを詰めるまでに時間がかかる。今日も雨だったのは、セットアップができずにちょっと辛い。でも、やるべきことはわかっているし、エンジンも速いから、心配はしていません。」

Tags:
125cc, 2003, SKYY VODKA Grand Prix of Japan

Other updates you may be interested in ›