初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ミック・ドゥーハン、開幕戦を評価

ミック・ドゥーハン、開幕戦を評価

ミック・ドゥーハン、開幕戦を評価

MotoGP決勝レース直後、ミック・ドゥーハンが開幕戦の印象を語った。しかし、まだ加藤の容態を知らず、心配の様子だった。

「バレンティーノはここで、週末を通して非常に強く、誰が2位に入るかが話題だった。メカニックの間で、2位と3位を当てる小さな賭けをした。ウォームアップ後、バレンティーノ以外で誰が2位になるか決めるのに至難だった。僕にも参加するように誘われ...負けてしまったよ。」

「バレンティーノは、至高のレベルだった。ドゥカティのポテンシャルには、驚嘆した。エンジン機能には驚かされた。カピロッシは、ロッシを不安にさせる力を維持できると思う。」

「チャンピオンシップに最大の関心を保証するために、多くのコンストラクターの参戦が必要だった。僕はホンダの関係者だが、ドゥカティの参戦には喜んでいるし、第1戦から順調に行って嬉しい。スズキとカワサキは冴えなかった。アプリリアは今年は上昇するだろう。ヤマハは彼らのレベルに高めなければならない。」

「ビアッジはバトルに参加したかった。そして、闘った。幾つか不必要のミスを犯したようだ。他にもミスが大きく影響を及ぼしたライダーがいた。宇川は、ここを除いて、他のGPではあのようなミスを犯すライダーではない。」

「今日はバレンティーノのエキジビションを観た。簡単に、そして快適にタイムを出し、終盤はいつものように力まずに走っていた。皆がシーズンの開幕を待っていた。そしてトップグループが激しい戦いをすると予想していたが、バレンティーノはレースをコントロールし続けている。」

Tags:
MotoGP, 2003, SKYY VODKA Grand Prix of Japan, Mick Doohan

Other updates you may be interested in ›