初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

加藤大治郎、脈拍安定

加藤大治郎、脈拍安定

加藤大治郎、脈拍安定

クラッシュ事故から3日間が経過し、以前として加藤大治郎の容態は予断を許さない。意識不明の状態が続くが、わずかながら回復へと向っているようだ。事故後、大会メディカルディレクターのクラウディオ・マッキャゴデナ医師が伝えたように最も重要である48時間を経過。血圧は上昇し、脈拍も安定を取り戻してきたという。

一方、監督ファウスト・グレシーニとチームは、ホンダとメインスポンサーのテレフォニカ・モビスターと共に、引き続き03年シーズンのチーム体制を継続して行くことを確認。次戦の南アフリカGPには、スペイン人ライダーのセテ・ジベルナウの1人体制で臨むことを発表した。

「今はチーム全てが非常に困難に時期にある。」と加藤のチームメイトであるセテは語る。「大ちゃんを良く知っている。この冬季期間は一緒に過ごしたんだ。もし何か伝えるならば、僕たちはウェルコムを走り、最高のことをすると言うのだが...今、僕たちができることはサポートを継続することだ。屈しないで、団結し続けるんだ。大ちゃんのために。」

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›