初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アッセン、安全性向上のために投資

アッセン、安全性向上のために投資

アッセン、安全性向上のために投資

シリーズ第7戦オランダGPの舞台アッセンが、事故による否定的なイベントイメージに対して、スローガン`Enjoy, don´t destroy´(楽しもう、破壊なしに)を掲げ、観客及びライダーの安全性向上のために70万ユーロ(約9125万円)を投資した。今回の改修には、昨シーズンの改修工事同様にFIMのアドバイスを受けて、工事を実施した。

「オランダGPから撤退するといこうは考えられないことです。私たちは同じ過ちを繰り返さないために、最大の努力を尽くしました。従いまして、75年の伝統を次の6月で途切れることはありません。」サーキット会長ヨス・ファーセンは語る。

観客数席と観客の快適性を向上を考慮し、安全性を図った今回のサーキット改修工事。6月末のグランプリ前には、新たに1万7000席の観客席が増加されるほか、近年中にもさらに観客席が増加されるほか、コース近くの安全性向上が図られる。「フェンスを乗り越えて、コースへ侵入することを思いとどめるようなコントロール性を高めます。さらに、4キロのフェンスを設置します。」とファーセンは付け加えた。

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›