初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

宇井陽一 好調さをアピールし、暫定PP獲得

宇井陽一 好調さをアピールし、暫定PP獲得

宇井陽一 好調さをアピールし、暫定PP獲得

宇井陽一が、その実力を再び世界に示した。予選1日目、2001年に宇井本人が樹立したパキサ・フリーウェイ125ccクラスPP記録1分42秒059を大きく塗り替える1分41秒570を叩き出した。ベテラン日本人ライダーにとっては、このセッション及びこのグランプリは特別な意味があるだろう。アプリリアのマシンには、友人・加藤大治郎のゼッケン74が貼ってある。

9ラップ目にトップタイムをマークした宇井に、追走するのは昨シーズンのポールシッター、ダニ・ペドロサとペドロ・ニエトの2人のみ。アンドレア・ドビツィオーゾが暫定4位フロントローを獲得すれば、開幕戦の覇者ステファーノ・ペルジーニは22位、東雅雄は28位だった。

Tags:
125cc, 2003, Arnette Africa's Grand Prix

Other updates you may be interested in ›